8月19日(土) 大原野方面再トライ

昨日は蜂の襲来により、途中で断念したが、今回は1時間早い15時に家をでて亀岡側の小塩山の登り口までいくことにした。蜂に備えて長袖、長ズボン、ヘルメットの完全装備。
画像


画像
(洛西高校→亀岡側小塩山登り口コース)

洛西高校からは軽い登りが続く。なんども通っているので、慣れた道だ。

画像
 
(正面の道は小塩山から下ってくるときの天皇御陵道の出口)

天皇御陵道と金蔵寺の分岐点にくる。ここから山頂にかけて、徐々に勾配がきつくなってくる。慢性的に痛む右ひざの様子をみながら登っていった。

画像


 昨日と同じ竹林を通り抜ける。かなり薄暗くて少し不気味な感じもする。ここは、車も人も殆ど出くわさない。少し進んだところから本格的な登りが始まる。1kmくらい進んだところで早くも休憩。持参した1.5Lの水を飲んだ。休憩中にたぬきがこちらに気づかず近寄ってきた。この辺りになるとたぬきもでるのだ。愛嬌はあるが、田舎では邪魔者扱いをされているようだ。

画像


頂上付近に到着したが、かなり足にきている。汗の量も半端じゃない。水がなければ絶対に倒れているだろうと思う。昨日はここで、蜂が回りを飛び始めたので逃げ帰ったが、今日はこないので一安心。北側には小塩山の電波塔が見える。景色も良い。

画像


逢坂峠に来た。少しでも止まるとハエや蚊が回りを飛び始めて、かなりうっとおしい。時折、車が通るが、よくこんな細い道に車でくるなと思う。たまにロードチャリも見かけた。まだまだ、先は長い。

画像


右側が東海自然歩道の入り口。善峰寺へいけるようだ。

画像


大原野森林公園へ到着。シシオドシがある。誰がつくったのか?久しぶりに見たが、水が上手く流れずに音はでない。少し先にいくとでかいシシオドシがあった。大きい方はかなりでかい音がしていた。もう少しで小塩山の登り口だ。

画像


最終目的地に到着。この先を登れば小塩山に行ける。既に17時になっている。今から登ると帰りが遅くなるので止め。

画像


来た道を帰ろうとすると、写真奥のばあちゃんが「どっからきた?」と声をかけられ話をした。最後に笑顔でまた、おいでと言ってくれた。
 亀岡側から小塩山に登りたいと思っていたが、ここまでくるので、時間がかかる。また、時間の余裕のあるときに登ってゆきたい。
 帰りは下りばかりなので、気持ちよく走ることができた。寄り道をしてダートにも入っていたっが、久しぶりの走行は腰が引けて上手く走れない。オシリと膝は少し痛いが、楽しい走行だった。

この記事へのコメント

horizon
2006年09月14日 13:20
再開おめでとうございます!
小塩山はこのコースもお勧めです。天皇陵の脇から入って行きます。
http://www.dsnw.ne.jp/~takatuki/170514osio.html
森林公園の入り口の真ん前に出るルートです。

先日、3年ぶりにポンポン山から大原野森林公園に降りました。
http://blog.goo.ne.jp/horizon999/e/4f979e118753c23e63fb914849436dec
久しぶりで迷ってしまいました。森林公園の”ししおどし”は知ってますよ。
rabbit
2006年09月20日 22:01
コメントありがとうございます。久しぶりの再開なので、カウンタの伸びがありません。シシオドシは何十年かぶりに見ました。随分と前に作製しているらしく、かなり傷んでましたが・・。

この記事へのトラックバック