11月20日(金) 宮津K漁港にて

 早朝、4:30に自宅を出た。チヌ釣りが始めての親父と二人。約半年くらいチヌを釣ったことがないが少々不安を抱えながら・・・何かつれたら良いなとおもいつつ・・・。9時くらいにK漁港に着いてさっそく親父が地元の人とポイントについて話をし始めた。

親父;ワシはチヌ釣り始めてなんですけど、どこで釣ったらよろしいやろ。
地元民;チヌはこの位置しかおらん。ここ、防波堤の継ぎ目の5m先や。ここしかチヌはおらんのや。
親父;えっ。どこでっしゃろ。そこですか?
地元民;そんな投げんでもええ。そこや。地元の高校が地質調査したら、ここがええ地形で巣になっとるんや。
親父;そうですか。ここでやってみようか?
私;ほな、言われるままにやろか。
地元民;でも講習料をいただけませんやろか。ワシはボラつりにきたんや。ボラが釣れたらわけてほしい。
私;全然いいですよ。ボラは全部あげます。

ってな感じで、いよいよ釣りスタート。

半身半疑で竿を2本だした。今日は2本ともダンゴ釣り。2人の距離は5mも離れていない。
開始1時間もしないうちに親父が1匹目20~30cmくらいのチヌをゲット。チヌの針を外しスカリに入れている間に、親父が2本目の竿でゲット。またまた針外し。いよいよ自分もダンゴ投入。直ぐに1匹目をゲット。

私は釣りのやり方など親父の付き人で、かなり忙しいかった。2時間程すればやり方も覚え、私も釣りを楽しむことができてきた。かれこれ、19時くらいまで入れ食い状態。2人で20~30匹くらい釣り上げたと思う。最後の方は横で釣りをしている人にあげたりもした。今日の釣果はヒイラギ1匹とチヌのみ。かなり珍しいと思います。結局、持ち帰ったのは25~30cmの17匹くらい。刺身と塩焼きでおいしくいただきました。

画像